上野クリニック 口コミ

巷に出回る包茎矯正器具について・・・

包茎の治療にあたって、一番確実性の高い方法はやはり手術を受けることです。
上野クリニックやABCクリニック、東京ノーストクリニックなど包茎治療を専門としている
クリニックなら尚安心です。

 

しかし、包茎で手術を受けようとする場合、真性包茎のような場合にのみ保険適用となって、
仮性包茎のような場合には保険適用外となってしまいます。そのため、
非常に高額になってしまうというリスクがあるわけです。

 

とくにそういったところから、現在では包茎矯正器具を使った治療が注目されています。
包茎矯正器具で治療をしていけば、費用を手術に比べて大きく抑えることが可能になるからです。
確実性は落ちるものの、費用の点と手軽さから包茎矯正器具を用いる人が増えているわけです。
包茎矯正器具は、主に仮性包茎をターゲットとした商品が多くリリースされているという特徴があります。

 

 

  • リングタイプのもの

包茎矯正器具のなかでも一番ポピュラーなのが、このリングタイプのものだと言えるでしょう。
リングタイプの商品は、包皮をむいてそこでリングをはめて、その状態で固定するというものです。
むけた状態でとめることができるので、勝手に包皮が上がってくることがないため、
継続していると仮性包茎が治る可能性があります。

 

 

  • 下着一体型のもの

矯正器具と下着が一体になっているものも出回るようになっています。
こちらの場合は、下着をはくのと同時に、矯正器具を装着することができます。
リングタイプの器具のように、むけた状態で固定するという方式になっています。
いわゆるむけ癖をつくって治すという方式だといえます。
これは下着をはくのと同時に矯正器具をつけることができるので、
手間がかからずつけ忘れを防ぐこともできるので、人気が高まっています。

 

 

  • 接着剤タイプのもの

包皮をめくって、そこで包皮に接着剤を塗ってむけた状態で固定するという
接着剤方式のものも今ではかなりポピュラーになっています。
これは器具を必要としないので、リングや下着による矯正で異物感や違和感を覚えるという人には、
こちらのタイプが合っていることもあります。
とくに接着剤タイプのものはかさばらないので違和感なく使うことができます。

 

 

■包茎矯正器具使用の際の注意点
包茎矯正器具は、基本的に寝る前にははずすようにして、ずっとつけっぱなしにしないようにしましょう。
つけっぱなしにしていると、包皮に負担がかかりすぎてしまって、炎症を発生する可能性があります。
包皮炎に発展すると痛みとひどいときは陰茎にも悪影響を与えますから、
早く治そうとあせってずっとつけっぱなしにするのは禁物です。