上野クリニック 口コミ

包茎の医学的デメリット・・・

■包茎に存在する多面的デメリット
包茎はその見た目が悪いために人前で裸になるのが嫌だというような、精神面での
デメリットが指摘されています。

 

亀頭冠が包皮に覆われているため、行為の際に女性に快感を与えにくいという
機能的なデメリットも存在しています。
ふだん包皮に覆われていることから、ちょっと刺激にも敏感になっていて行為の際に
早漏になりやすいというデメリットもあります。

 

こういった精神面、機能面でのデメリットのほかに、包茎には多くの医学的デメリットも存在しています。
この医学的デメリットについて、この項目では解説していきたいと思います。

 

 

■医学的デメリットについて
医学的デメリットのなかでもとくに大きいのは、衛生面での問題だといえます。
とくに亀頭が包皮に包まれていることによって、尿のかすや垢が溜まりやすくなります。

 

また、汗なども蓄積しやすいので、非常に雑菌が増殖しやすい環境となっています。
こうなると、このことからペニスの炎症や腫れを引き起こすリスクが高まります。
そしてこういった劣悪な環境が、相手の女性にも行為を通じて感染してしまうということも多いです。
包茎の男性と付き合っている女性が、婦人科を受診するというケースも少なくありません。

 

 

  • 包茎が病気の原因となる

包茎がペニスに悪影響を与えることは指摘しました。
そしてこういった不衛生な状況が、それを原因として派生する病気を呼び込みます。
これが真の医学的デメリットだということができます。

 

  • 亀頭包皮炎

亀頭包皮炎という病気が包茎からくる代表的な病気として知られています。
これは包茎であることによって雑菌が繁殖して炎症を起こしてしまうという病気となっています。
とくに亀頭に炎症を起こす亀頭炎というものと、包皮に炎症を起こす包皮炎というものがあって、
この2つが合併して起こった状態が亀頭包皮炎とよびます。

 

重度になると痛みを伴いますし、尿道狭窄症という病気を引き起こして、
排尿障害になる可能性があります。とても痛い病気ですから、
とりわけこの亀頭包皮炎は包茎の人にとって気をつけたい病気だということができます。

 

  • 性感染症

包茎の人は、包茎でない人よりも性感染しやすいというデータがあります。
とくに包茎の人は雑菌が繁殖しやすい環境にあるために、性感染も引き起こしやすいと考えられています。
性感染は自分がしてしまうだけではなくて、相手の女性にも感染させてしまうというリスクがあります。