上野クリニック 口コミ

切らない包茎手術について!

今までは、包茎手術というと包皮の部分を切って陰茎を露出させるという方法が一般的でした。
しかし、陰部にメスを入れることに対して嫌悪感を覚えてなかなか手術に踏み切ることができない
という男性も多かったわけです。

 

切らずに包茎は治る!?切らない包茎治療とは・・

 

■切らない包茎手術が人気
最近では、メスを入れるリスクのないいわゆる切らない包茎手術というものも出てきています。
この切らない包茎手術は、特に包茎のなかでも症状が軽い場合に適用できるということが多いです。
つまり、包皮と陰茎が癒着していない状態の仮性包茎のような場合です。

 

個人の症状によっても切らずに包茎手術ができるかどうかが変わってきます。
ですので、まずはクリニックのカウンセリングを受けてみないと、実際に切らずに
手術ができるかどうかはわかりません。

 

 

■切らない包茎手術はリスクが少ない
切らない包茎手術は、切除する方式のものにくらべて、非常にリスクが少ないというメリットがあります。
特に切除する場合にくらべて、費用を大きく抑えることができます。
ですので、手術費用をなるべく抑えたいという人にも向いています。

 

また、手術の際の痛みが非常に少ないということも切らない方法のメリットになります。
痛みが苦手な人でも問題なく手術を受けることができます。

 

手術後、回復にかかる時間が切らないほうが断然早いです。
さらに、手術後の自分の感覚で、手術前のほうがよかったというような場合には、
切らない方法であれば元に戻すこともできます。

 

こういったリスクの少なさが、切らない包茎手術の魅力になっています。
上野クリニックでも医師によっては切らない包茎手術が可能です。

 

 

■切らない包茎手術の具体的方法
切らない包茎手術は、皮を切らずにどうやって包茎を治すのかということです。
これについては、縫合という手段を用いることが非常に多いです。

 

余った包皮を縫合して、陰茎が露出した状態で定着させるという方法です。
これは手術をしたその日もお風呂に入ることができます。
痛みも感じないので、とても人気があります。

 

縫合以外の方法としては、陰茎の大きさをアップさせるという方法があります。
とくに亀頭部の大きさをアップさせることによって、包皮をかぶりにくくするという手段になっています。
こちらはとくにペニスの大きさにコンプレックスがあるという人にも人気を集めている方法です。
ペニスも大きくなって、かつ包茎も治すことができるということで、一石二鳥の手術方法になってます。

 

このように、切らない包茎手術にもいくつかの手段があります。
自分の包茎の症状やニーズによってもベストな方法は変わってきます。
なのでまずはクリニックのカウンセリングを通じて、どういった手段を選べるのか、
そしてどれが自分に一番合っているのかということを考えていきましょう。