上野クリニック 口コミ

泌尿器科かクリニックか・・・

包茎手術をいざ受けてみようと思っても、美容外科で手術を受けたほうがいいのか、
泌尿器科を選んだらいいのか、迷ってしまうという人も多いです。
そこで今回は、それぞれの特徴について見ていきたいと思います。

 

包茎手術はどちらで受けるべき!?泌尿器科 or クリニック

 

これはどちらで受けても同じということはありません。
手術の質も大きく変わってきます。

 

 

■手術費用について
上野クリニックなどの美容外科の場合、基本的に保険適用外の手術となりますから、
費用が高くなる傾向にあります。
一方で、泌尿器科で手術を受けようという場合には、保険の適用範囲の可能性があります。
こうなるとかなり費用を抑えることが可能になります。

 

仮性包茎の場合には、保険の適用を受けたくて泌尿器科を選んでも、これは意味がありません。
泌尿器科でも仮性包茎の場合には保険適用外となってくるからです。
意味があるのは、真性包茎であったり、カントン包茎といった包茎のなかでも重い症状の場合です。

 

 

■手術の水準について
泌尿器科というのは、包茎手術や陰部の手術のスペシャリストがやっているというわけではありません。
そのため、この点がデメリットとなりえます。
泌尿器科というのは、膀胱や腎臓についての手術なども広く受けています。
いわばゼネラリストのような立ち位置になっているわけです。

 

一方で、上野クリニックなどの美容外科の場合には、包茎専門で診察している医師というのがいます。
この人はまさに包茎手術のスペシャリストだということができます。
年間に何人も同じような症状の人の包茎手術を経験しているわけですから、
やはりそのぶん手術の腕も確かだという可能性が高くなっています。
とくに美容外科によっては、包皮に傷跡を残さないような独自の技術によって手術を
実施しているところがあります。
こういった専門性の高さは、泌尿器科にはない美容外科のメリットだということができるでしょう。

 

 

■仕上がりの差について
泌尿器科の場合、あくまで真性包茎、カントン包茎の状態を治療することが目的です。
ですので、美容目的ではないために仕上がりは大きく重視しないという傾向があります。
一方で、美容外科の場合にはいかに綺麗に治すかということがはじめから大前提になっています。
こういった美容の観点からすると、やはり美容外科のほうがよりメリットが大きいということができます。

 

包茎手術を受けた後の状態の代表的なものとして、ツートンカラーになってしまうというのがあります。
泌尿器科で手術を受けた場合、このツートンカラーになるのが当たり前になっています。
しかし、美容外科ではこういったツートンカラーにならないような手術方法によって
治療が行われることが多いです。